カテゴリ
全体
オリジナル
07'オリジナル・即興
06'オリジナル・即興
05'オリジナル・即興
版権・鋼の錬金術師
版権・SHAMANKING
版権・その他
版権・即興
初めに。
以前の記事
2007年 12月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 05月


ゼロから零へ。


私は おそらく普通の恋愛はできないのでしょう。
そもそも、恋愛じたいわかっているのかいないのか。


私は独占欲がつよくて
だけど言葉に出すのが怖くて、臆病で

君の顔色ばかり伺って
いつもおびえながら話してた

好きになった君が
私だけど見てくれればいいのに。
君の一番が私であればいいのに。
互いの一番が同じひとであればいいのに。
そう思い続けて、生きてきた。

時にはこっちを向いてほしいと、
精一杯頑張ってはみるけれど。
上手くいったことなんて

おそらく一度もない。




もうきっと、だめなんだよ。
私に恋愛はできない。

だって相手がかわいそうだもの

こんな私に思われるなんて
こんな私が好き、だなんて

・・・なんて おこがましい。




気づかなければよかった。
少しでも、こっちを向いてほしいだなんて、思わなければよかった。
たったこれっぽっちも望みなんてなかったはずなのに

思い上がって
舞い上がって
勘違いして

少しでも期待していいのかなって
その言葉は私に向けられているのかなって
そんな風に、思わなければよかったのに。


傷つくことを恐れて
壊れることに怯えて

だけどそれでも
たったすこしだけ、手を伸ばしてみたら
何かが変わるかもしれないって
もしかしたら私にも、って

勇気を振り絞ってみたら

ああ。



・・・・・・・・やっぱり。違うよね、って。















あふれるキモチを止められなくて
こぼれてくばかりで耐えられなくて

関係を壊すことが怖かったから
そのままでいてほしいと
君もそれを承諾してくれた

「友だち」それ以上にも以下でもなくて

現状維持。



ただ。変わったのは。


多分、私の心。






ああ。

きっと君は言ったとおりにしてくれる。
友だちとして、とても大事にしてくれているから。
わかってる。それはとても、幸せなこと。
それ以上望んじゃいけない。
踏み出しちゃいけない。



きっと私はまたつくっていく。
心を隠して、すごしてく。

キモチに嘘ついて
想いに背を向けて
それはとても楽なことだけど


とても悲しいこと。








つもってく。
しんしん、と。

真っ白な雪みたいに
つもってく。


つもりにつもった灰色の雪は
やがて真っ黒になって


硬くて冷たい塊が
落ちていく。


心の奥底に。









・・・でも大丈夫。




自分に嘘つくことなんて
周りに気づかれずに心でなくことなんて




なれっこだから。
[PR]
by shii_70-77xxx848 | 2007-12-26 16:52 | 07'オリジナル・即興
オリジナル・卒業(まんまやな >>