オリジナル:穴のナカ


耳障りな声を聞いて
僕は一人、孤独をゆく

心の中にぽっかりと空いた穴は
何をするでもなく、僕の心を痛みつける

針で刺すような痛みで
ほんの少しだけ空いた穴だったのに
いつの間にか・・・空虚と不安を呼び込んでいく

望んだわけではないのにね。

どうにかしてその穴を塞ごうと
いろんなことを試した

試みたけれど・・・それは無駄なことだったんだと
今になってわかった気がした。

どんなことをしても直せない
どんなに頑張っても繕えない

むしろ、その穴がどんどん広がっていく気さえする

無駄なのだ。
全てが全て、無であり、有ではない・・・

周りではしゃぐ声も
今は聞こえなくて

全てに諦めてしまった僕は
きっと もう目覚めない

光を取り入れることなく
周りを見渡す僕の瞳

やけに目立って見える穴のナカで
映したものはたった一つ。

黒がべっとりと張り付いたような闇で見つけた絶望・・・

ただ、それだけ。

それだけだった・・・



僕の生きた十七年間
苦痛と悲しみばかりだった

でも、なにも感じなくなった今。

これから生きる僕の時間は


・・・きっと、シアワセなことなのだろう。



そして僕は



今迄で一番の微笑を浮かべた。


(まとまりーが・ない!!)
[PR]
by shii_70-77xxx848 | 2006-03-30 00:47 | 06'オリジナル・即興
<< オリジナル・secret オリジナル・無題・ >>



履歴
by shii_70-77xxx848
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧