カテゴリ:版権・即興( 1 )

版権・G線上の猫 (第三者視点)


白と黒
二つの意思と、二つの想い

一つの魂の元に
二つの意識が共有する

白の痛みは黒の痛み
黒の痛みは白の痛み

互いが絶対的な存在・・・
そうあれば、あるいは傷つかずに済んだかもしれない

黒は白が嫌い
白は黒を知らない

途切れた記憶の中に白が見るもの
自分が自分でなくなっていくようで・・・

全てが見える黒の思い
それはあまりにも切なくて・・・


そして、黒と白は出会う。
自分の、おそらく一番大切な人に。


黒い犬は黒に恋をした。
白い犬は白に恋をした。

白は黒い犬がわからない。
黒は白い犬が大嫌い。

交差する、四人の思い。
繋がらない、想いのカケラ。


そして黒は、何を思う?
そして白は、何を思う?


答えは誰も知らない。





(第三集、楽しみだ・・・!←ぇ)
[PR]
by shii_70-77xxx848 | 2005-08-22 21:28 | 版権・即興